便秘にコーヒーは効果あり?便秘解消できる正しい飲み方とは?

コーヒー 便秘

 

便秘の解消法について調べていると、「コーヒーは便秘にはNG」という意見と「コーヒーで便秘解消」という意見を見ることができます。コーヒー便秘効果があるのでしょうか、ないのでしょうか。

 

なぜ、両方の意見があるのかについて詳しく調べました。

 

 

コーヒーを飲むと便秘になるといわれる原因

クロロゲン酸

コーヒーにはポリフェノールの一種・クロロゲン酸が含まれています。ポリフェノールは体にいい成分の一つですが、胃腸の動きを抑える働きがあります。そのため、腸の動きが悪いことで起きてしまう「弛緩性便秘」の方がコーヒーを飲むと便秘が悪化してしまうことがあります。

 

カフェイン

コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があります。そのため、便に充分な水分がいかなくなってしまうため、便秘の原因・便秘悪化の原因になることがあります。

 

さらにカフェインには腸のぜんどう運動を抑える働きもあります。クロロゲン酸と同じく、「弛緩性便秘」の方には便秘悪化の原因になる可能性が高くなります。

 

 

コーヒーが便秘解消になるといわれる原因

カフェイン

「弛緩性便秘」の方には便秘の悪化にもなりうるカフェインですが、胃の働きを活発にしたり、大腸の収縮を促進する効果があるとも言われています。コーヒーを飲むことで消化がよくなると、便通もスムーズになります。

 

オリゴ糖

頑固な便秘に悩む方々の救世主として注目が高まっている「オリゴ糖」が、コーヒーにも含まれています。コーヒーオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるので、腸内環境が良くなり便秘が解消されます。

 

コーヒーに入れる乳製品

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという方もいるように、乳製品には腸を動かす働きがあります。コーヒーにミルクや牛乳を入れることで、腸の動きが良くなり、便秘が解消される助けになっていると考えられます。

 

 

便秘解消にコーヒーを飲むなら?

便秘に対するコーヒーのいい所・悪い所が分かりました。仕事や家事の合間に飲むコーヒーが好き!という方のために、便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方をご紹介します。

 

飲みすぎはNG

便秘を悪化させないために、1日に飲むコーヒーは2杯程度にしておきましょう。飲みすぎると、カフェインの利尿作用で体内の水分量が減ったりして便秘を悪化させかねません。また、体調に合わせて量や濃さを調節することも忘れずに行いましょう。

 

砂糖ではなくオリゴ糖を使う

腸内環境を整える力のあるオリゴ糖を砂糖の代わりにコーヒーに入れることで、腸の働きが活発になります。