便秘で牛乳を一気飲みは効果あり?冷たい牛乳と温かい牛乳どっち?

便秘 牛乳

 

便秘に対する対処法は、インターネットで調べると色々な方法が見つかります。中でも、昔から言われ続けているのが「牛乳を飲む」という方法ではないでしょうか。

 

 

本当に牛乳を飲むことは便秘に効果があるのでしょうか?色々な面から調べてみました。

 

 

牛乳を飲むと便意をもよおす仕組み

 

便秘に悩んでいる方への対処法として「コップ一杯の牛乳を一気飲みする」という意見が見られます。なぜ牛乳が便秘を解消してくれるのでしょうか。

 

 

牛乳には、「オリゴ糖」と「ラクトフェリン」が含まれています。オリゴ糖は最近、便秘解消に効果があると注目を集めていますが、牛乳にも含まれているため便通を良くする効果があります。

 

 

ラクトフェリンは糖タンパクの一種で、腸の中で善玉菌を増やしてくれるはたらきがあります。腸の中で善玉菌が多くなると、腸のはたらきが活発になり便が腸内を移動しやすくなって便秘が解消されるというわけです。

 

 

さらに、牛乳に含まれている「乳糖」を消化するための酵素「ラクターゼ」は子どもの頃に比べて、成人すると減ってしまうと言われています。この乳糖が消化できないことで下痢になってしまうという方も多くいます。

 

 

このように、牛乳を飲むとトイレに行きたくなるのには、立派な理由がありました。

 

 

牛乳を飲むなら冷たいもの?温かいもの?

 

では、便秘解消を目的に牛乳を飲むなら温めた方がいいのか、冷たいままがいいのか、どちらでしょうか。

 

 

牛乳が便秘に効果をもたらす「オリゴ糖」「ラクトフェリン」「乳糖」は牛乳の温度によって量が増えたり減ったりするものではありません。ですから、温かくても冷たくても、基本的に効果は変わらないと考えていいでしょう。

 

 

ですが、「温度による腸への刺激」を考えると冷たい牛乳の方が腸を刺激しやすく、割と早いうちに便意をもよおすことになります。牛乳の代わりに「朝、コップ一杯の冷水を飲むと便秘に効果がある」と言われるのは、冷たい水が腸を刺激するからなのです。

 

 

牛乳の温度と成分の関係で、冷たい牛乳を飲むと便秘が解消されるどころか下痢気味になってしまうという方や、冷え性があるので冷たい飲み物は避けたいという場合は、牛乳を温めたものを飲むようにしましょう。

 

 

温かい牛乳を飲むことでトリプトファンという成分を取り入れることができます。トリプトファンは安眠に効果があると言われています。寝る前にホットミルクを飲むことで安眠できれば、自律神経も整いますので翌朝には便意をもよおしやすくなります。

 

便秘に効くコンビニでも買える即効性のある飲み物は?