便秘で吐き気を感じたら危険かも?原因や対処方法は?

便秘 吐き気

 

直近で便を出したのはいつですか?

 

 

この質問にすぐ答えられる人は便秘知らずの方かもしれません。指を折ったりカレンダーを眺めながら「いつだっけ?」と考えてしまう人は、便秘が常態化している可能性があり、危険です。

 

 

たかが便秘、と症状を甘く見ていると、吐き気を感じることがあるのをご存知でしょうか?便秘が原因の吐き気は体がSOSを出している印です。

 

 

便秘による吐き気の原因と危険性、対処方法をまとめました。

 

 

なぜ便秘が続くと吐き気を感じるようになるの?

 

便秘という状態は、「腸内に便が滞っている」ということです。本来なら体の外に排出するべきものが、ずっと体の中に溜まっているのです。

 

 

そのような状態で通常通り食べ物を摂っていると、腸がパンパンになります。続いて、胃から腸へと運ばれていくはずの食べ物が、胃に溜まってしまうことになります。

 

 

体は「腸の中のものが下から出せないのに、さらに上から食べ物がくる」という状態になり、体を楽にするために「じゃあ、上から出そう」と吐き気を感じるようになるのです。

 

 

「便秘+吐き気」で考えられる重大な病気は?

 

便秘と吐き気の症状がある場合には、単に「便が出ない」ということ以外に体に重大な病気が発生していることがあります。その病気というのが、腸閉塞・腸ねん転・腹膜炎などです。

 

 

腸閉塞は、腸の中に溜まったものが腸をふさいでしまい悪化した状態です。腸ねん転は、何らかの理由によって腸の一部がねじれてしまい、腸の中のものが通せなくなる状態です。腹膜炎は、交通事故や内臓疾患などで腹腔内に炎症が起こる状態です。

 

 

どの症状にも腹痛が伴いますが、その腹痛も「便秘だから」と思っていると危険です。これらの病気は最悪の場合、命を落としてしまう可能性もあります。

 

 

便秘の状態が当たり前、という方は特に気をつけておく必要があります。

 

便秘が原因で考えられる怖い病気や症状とは?

 

 

便秘が原因で吐き気を感じた時の対処方法

 

重篤な病気になる前に、便秘が原因で吐き気を感じてしまったら早々に対処しておきたいものです。一体、どのようにすればいいのでしょうか。

 

 

・吐き気を我慢しない

 

「もうこれ以上、体に食べ物を溜めるのは無理!」と体が訴えているのですから、体が受け付けられずに出そうとしているものは、我慢せず出してあげることが大切です。吐き気を感じたら我慢せず、出してしまうようにしましょう。

 

 

・便秘改善まで食事を摂らない

 

腸の中から不要なもの(=便)が出ない限り、新たに食事を摂ってもまた吐き気を感じるだけです。ちゃんと便が出るようになってから食事を摂るようにしましょう。

 

 

便秘による吐き気が治まったら、吐き気の原因となった便秘を起こさないように気をつける必要があります。そうでないとまた同じことを繰り返してしまいます。体に負担をかけないためにも、便秘にならない生活を心がけましょう。