痙攣性便秘の原因と症状!食事での注意点や予防方法!

 

便秘にも色々な症状があり、その症状や便秘の状態によって種類分けをすることができます。特に便秘と下痢が交互にやってくる状態を「痙攣性便秘」と言います。

 

 

便秘なのに下痢も発症?と不思議に思われる方もいらっしゃることでしょう。痙攣性便秘の原因や症状・予防方法などを詳しくみていきましょう。

 

 

痙攣性便秘の原因は?

 

痙攣性便秘の原因として挙げられるのが「ストレス」と「自律神経の乱れ」です。現代人は生活の中で色々なストレスを感じる機会が多くなっていますから、決して他人事ではなく誰にでも起こりうる便秘とも言えるでしょう。

 

 

・精神的なストレス

 

職場や友人との人間関係の悩みだけでなく、生活環境に変化があったり、不規則な生活を続けていたりすると人は精神的なストレスがたまります。ストレスが大きくなると、交感神経・副交感神経のバランスが崩れてしまいます。それが自律神経の乱れにつながり、痙攣性便秘になりやすくなります。

 

 

・自律神経の乱れ

 

自律神経は体の代謝・消化に大きく関係しています。そのため、自律神経が乱れると腸の動きに反映されてしまいます。

 

 

特に副交感神経が乱れると、腸のぜんどう運動が乱れます。具体的には、腸のぜんどう運動が活発になりすぎると腸が痙攣したような状態になり、便が腸内をいったりきたりすることになります。そのため、便秘になります。また、痙攣までしなくてもぜんどう運動が活発な状態が続くと、便から必要な水分や栄養を充分に吸収する前に排便がされるので、下痢となってしまうのです。

 

 

痙攣性便秘になるとどんな症状が出るの?

 

痙攣性便秘の特徴とも言えるのが「便秘と下痢が交互に起こる」という症状です。腸の動きが活発であるがゆえに、便秘になったり下痢になったりが繰り返されます。

 

 

痙攣性便秘では大腸の動きが活発であるため、食後にお腹が痛くなることが多くあります。食事によって刺激された胃腸が動き出すため、特に下腹部に痛みが出ます。

 

 

便秘の時には、水分が少ないコロコロとして硬い便が出るようになります。また、排便を済ませても残便感を感じることが多くあります。

 

便秘と下痢を交互に繰り返す場合の原因とは?

 

 

痙攣性便秘は食事で予防できる?

 

痙攣性便秘を解消するためには、原因となっているストレスをためないようにすることが大切です。

 

 

便秘の対策方法として、「食物繊維の多い食事を摂る」というのが知られていますが、痙攣性便秘には逆効果ですので、気をつけてください。痙攣性便秘は、腸の活動が活発すぎる病気です。ですから、食物繊維(特に非水溶性食物繊維)の多い食事を摂ると、より腸の動きが活発になってしまいます。

 

 

一般的に言われるようなゴボウ・コンニャクといった食材は避けるのがベストです。

 

弛緩性便秘の原因と症状!予防方法は?
直腸性便秘の原因と症状!おならの状態は?