便秘の治し方!即効性があるすぐ出る方法とは?

便秘 即効性

 

慢性的な便秘に悩まれている方の中には、2・3日排便がなくても気にならないという重症の方もいらっしゃるかもしれません。ですが、体外に出されるべき便が体内に長くとどまっている状態が続くと、腸内で発酵した便から出た毒素が体中を巡ってしまいます。

 

 

そこから、便秘以外の色々な症状も出てしまいますので、便秘を自覚したらすぐにでも排便をすることをおすすめします。

 

 

とはいえ、出したくても出ないから便秘になっているわけで・・・排便がコントロールできるなら便秘にはなっていないですよね。

 

 

そこで、即効性のある便秘の治し方をお教えします。効果的で、「すぐ出る」と評判ですので、だまされたと思って試してみてください。

 

 

コレですぐ出る!即効性のある便秘の治し方

 

水を飲む

 

便秘の時、腸内でとまっている便の水分が吸収されるため、便が硬くなってしまいます。水分が減ってしまった便に水分を与え、スムーズに動くようにするためにも、水をたっぷりと飲むのがポイントです。

 

 

ただし、カフェインを含むもの(緑茶・コーヒー・紅茶など)は便秘には不向きです。カフェインの利尿作用で水分が腸に届くより先に排出されてしまいますので気をつけましょう。

 

 

つま先立ちをする

 

「便秘につま先立ち?」と思われるかもしれませんが、つま先立ちをすることによってふくらはぎの筋肉が動き、全身の血行が良くなります。血行が良くなることで、代謝力が上がり腸の動きも活発になります。

 

 

室内など裸足になれる環境で、壁などに手を添えながら5分ほどつま先立ちをすると「トイレに行きたくなる」というほど即効性があります。慣れないうちは1分からでもいいので、チャレンジしてみましょう。

 

 

ツボを押す

 

おへそから指2本半分ほどわき腹側、さらにそこから指2本半分したの部分にある「大巨(だいこ)」というツボを片方ずつゆっくりと押します。便秘の人ほど、このツボがかなり硬くなっています。ツボを押すと同時に、直接腸に刺激を与えることができるので効果が出やすくなっています。

 

便秘解消のツボ!即効性のある手・足裏・背中などのツボはどこ?

 

 

起床後、腸の動きが活発になる時間や、便意を感じてトイレに座った時などに押してみましょう。よりスムーズな排便の助けとなってくれます。

 

 

これらの方法で、排便がスムーズに出来るようになるからといって、食生活や生活リズムを今のままにしておくことはやめましょう。よりスムーズな排便のためには、食事や生活リズムの見直しも大切であることを忘れないのがポイントです。