その便秘!ストレスが原因かも?ストレス性の便秘の解消法

便秘 ストレス

 

便秘が長引くと、色々な症状が出てツライですよね。適度な運動や食物繊維の摂取を心がけているのに、便通が良くならないという場合、便秘の原因が別のところにある可能性があります。

 

 

その原因とは、「ストレス」です。実は便秘ストレスには深い関係があることが分かりました。ストレスからくる便秘の原因や、便秘の解消方法を詳しくみていきましょう。

 

 

ストレスで便秘になるって本当?

 

腸が「第二の脳」や「考える臓器」と呼ばれているのをご存知でしょうか。腸には多くの神経細胞があり、ちょっとしたストレスにも敏感に反応するようになっています。仕事や勉強に対する不安や心配なことに対して、腸が反応すると動きが悪くなり便秘になってしまいます。

 

 

また、心の不安というような「精神的ストレス」だけではなく「肉体的ストレス」に対しても影響が出ます。朝、ゆっくりとトイレで過ごす時間がなくバタバタしてしまったり、立ちっぱなしや座りっぱなしなどの状態で仕事をしている方、などがあてはまります。

 

 

ストレスで便秘になっているかも?!と思い当たることがあるなら、通常の便秘とは少し違った対策をするのが効果的です。どのような対策が便秘解消に効果的なのでしょうか。

 

痙攣性便秘の原因と症状!食事での注意点や予防方法!

 

 

ストレスが原因の便秘に効果的な解消法は?

 

ストレスで便秘になってしまう方は、自律神経が乱れていることがあります。自律神経の乱れからくる症状に、だるさ・眠気・頭痛・息切れなどがありますが、下痢・便秘も含まれています。

 

 

ストレス性の便秘を改善するためには、ストレスの元となっているものを排除したり原因を解決する必要があります。

 

 

・運動を避けて、ゆっくり過ごす時を持つ

 

仕事をしているとついついバタバタとしてしまいます。思い切って仕事を休んで、のんびりと過ごしてみましょう。仕事や勉強のストレスから逃れることで、腸の動きが良くなります。

 

 

・出したい時に我慢しない

 

少しでも便意を感じたら、トイレに行って出すようにしましょう。「もうすぐ会議の時間」や「遅刻する」という理由で、我慢をしているとそれが癖になり便の動きが悪くなります。

 

出したい時に出すという習慣づけが大切です。

 

 

・睡眠をしっかりとる

 

自律神経を整えるためには、しっかりと睡眠をとり体に昼と夜の区別をしっかりと分かってもらえることが大切です。夜更かしをせず、22時には寝るようにしてみましょう。3日も続ければ、自律神経が整い便秘も解消されやすくなります。

 

 

心も体もリラックスすることが、ストレスが原因となっている便秘解消の近道です。