便秘の時って体重は増える?それとも減る?

便秘 体重

 

便秘が続くと、外見的にもお腹がぽっこりして太ったように見えてしまいます。実際のところ、体重増えるのでしょうか?それとも、意外にも減るのでしょうか?

 

 

「便秘で体重が増える」には科学的根拠ナシ!

 

実際に便秘に悩んでいる方の多くには「便秘になると体重が増える」と感じている方が多くいらっしゃいます。食事はいつも通りなのに、出るべきものが出ていないと体重が増えるというのは当然のような気がします。

 

 

それに、便秘が解消されれば溜まっていたものが出るので体重は減りそうな気がします。ですが、実は科学的には「根拠なし」とされています。では、実際に「体重が増える」という人が多いのはなぜなのでしょうか?

 

 

食事と排便のメカニズム

 

食事で摂取したものは、消化器で分解・吸収されるため全てが便になるわけではありません。食事全てを100とした場合、水分が約80で汗や尿として排出され、残り約20が便として排出されます。

 

 

1度の排便では約100〜200gが排出されていると言われていますので、3日便秘になっただけで、約500gほど体内に便が溜まる計算になります。便秘が解消した際に、便秘だった日数分の便が出るとも限りませんから、そうなると便秘になると体重が増えるのは納得ですね。

 

 

それでもやはり、便秘と体重増加については科学的根拠がないと言われているのが不思議です。

 

 

さらに、便秘で体重が増えたことのある方の話を聞くと、便秘の日数で体内に便が溜まっていると思われる以上の重さの体重が増加していることが分かります。便秘の時、体にはどのような変化が起きているのでしょうか。

 

 

便秘の時に体重が増える仕組み

 

便秘になった体の中では、とても太りやすいことが起こっています。

 

 

・脂肪の蓄積

 

便秘の時、体内では老廃物が増えている状態になります。その状態では体の代謝力も悪くなってしまい、脂肪が溜まりやすい体になっています。

 

 

・消費カロリーの減少

 

便秘の状態では、腸の動きが悪くなっています。たったそれだけ、と思いがちですが生活の中で消費されるカロリーが減ってしまいます。

 

 

以上のように、便秘になると体重が増えやすい体になってしまうことが分かっています。便秘自体が体重増加につながるというよりも、便秘が原因で太りやすい体質になって体重が増える、というのが正しい見解のようです。

 

 

増えてしまった体重を減らすためには、もちろん便秘を解消することが大切です。下剤に頼るのではなく、食生活・生活習慣を変えることで便秘を解消するようにしましょう。