便秘解消に効果テキメンの体操!

便秘 体操

 

肌荒れや体調不良の原因となる、便秘。なかなか人には言いにくいですが、便秘に悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

 

そんな便秘を解消するために、水分や食物繊維を摂るのも効果的ですが、適度な運動も大切になってきます。とはいえ、運動=しんどいものというイメージがあると、なかなかチャレンジできませんね。

 

 

そこで、ちょっとした時間がある時に室内で簡単にできる「体操」をご紹介します。とっても簡単ですが、これが意外と便秘に効くんです。

 

 

体操をすると便秘が解消されるのはなぜ?

 

体操をする前に、なぜ体操で便秘が解消されるのかを知っておきましょう。体操をすると、全身の血行が良くなります。そのことによって、筋肉も動きやすくなり、便秘で固くなってしまった腸も動きやすくなります。また、体内を水分が巡るようになることで体内の老廃物も流れやすくなります。

 

 

筋肉が鍛えられることで、排便の際もスムーズに力が入るようになるという嬉しい効果もあります。

 

 

目指せ便秘解消!おすすめの体操はこちら

 

では、実際に体操をご紹介します。あまり無理をせず、できることを毎日続けるようにしてください。

 

 

つま先立ちの体操

 

室内の壁のあるところで行う体操です。まず、壁に手が届くほどの距離のところで、つま先立ちをします。この時、フラついてしまうようなら、壁に手をついて支えてください。そのままじっと動かないで、つま先立ちを5分続けます。

 

 

血行が悪くなりがちなふくらはぎ・下半身の血流を良くしてくれます。意外と腹筋やおしりの筋肉も使うので、排便の助けになります。

 

 

寝転んで腰をユラユラする体操

 

室内の、床にマットやカーペットが敷いてある場所で行う体操です。まず、足をそろえた状態でうつ伏せに寝ます。両肘をくっつけたまま、顔の前辺りで床につき、上半身を浮かせます。

 

 

続いて、ヒザを肩幅くらいに開き、足を曲げ、おしりの上あたりで足の裏同士をくっつけます。その状態で、腰を左右にユラユラと30秒ほど揺らします。

 

 

次に、両ヒザを「くの字」に曲げ、重ならないように注意しながら体をひねりつつ、足先が左・ヒザが右側になるようにします。その状態で、腰を左右にユラユラと30秒ほど揺らします。

 

 

最後に、足の向きを逆(足先が右・ヒザが左側)になるようにし、腰を左右にユラユラと30秒ほど揺らします。

 

 

うつ伏せで腰を揺らすことで、腸に圧と刺激が加わり便通が良くなります。また、この体操でウエストも細くなるという嬉しい結果も見られます。
(参考にした体操:お腹のダイエットに即効性のあるウエスト痩せ!便秘解消すぐに-6cmできる)

 

 

 

布団の中でできる体操

 

朝、起きる前に布団の中でできる体操です。

 

 

1)うつ伏せの状態になり、あごの下で腕を組み顔を浮かせます。足を伸ばしたまま、水泳の「バタ足」のように、足を交互にゆっくりと10回ほど動かします。

 

2)同じ体勢のままで、ヒザを大きく曲げることを左右交互に20回ほど行います。カカトがおしりに当たるくらいが目標ですが、できる範囲で行なってください。

 

便秘に効くストレッチ方法!寝る前や朝におすすめ