便秘治療方法ってどんなの?病院で行う便秘の治療や治療薬は?

便秘 治療法

 

便秘は病気ではないから、病院に通う必要はないとお考えではありませんか?

 

 

確かに、便秘は病気ではないかもしれませんが、長期にわたって症状が続くと頭痛や腹痛・吐き気など色々な症状が出てしまいます。また、便秘には大腸がんなどの別の病気が隠れていることもありますから、気になるなら病院で治療を受けるのが賢明です。

 

 

病院では便秘に対して、どのような治療が行われるのでしょうか。

 

 

病院で便秘の治療 その方法とは?

 

病院で便秘の治療を受ける場合、どのような治療方法があるのかが気になりますね。最近、大きな病院では「便秘外来」を設けているところもありますが、まだ一般的ではありません。一般的にどのような治療がされているのかをみていきましょう。

 

 

問診→触診→検査

 

 

病院によって詳しい内容は変わりますが、一般的にはまず便秘の症状や生活習慣などを知るための問診が行われます。その後、腸の固さやガスのたまり具合を診るための触診が行われ、大腸がんやポリープなどが疑われる場合にはレントゲンやCTの検査が行われます。

 

 

これらの結果をふまえて、日常生活・食生活などを改善することが治療の第一歩となります。それだけ、腸内環境が整うような生活にすることで改善できる便秘が多いということですね。

 

 

特に痛い治療がある、恥ずかしい治療があるということではありませんので、便秘の症状がツライ場合は病院に行ってみるようにしましょう。

 

 

病院ではどんな治療薬が処方されるの?

 

生活習慣を見直して、腸内環境の改善を試みても便秘が改善されず症状が悪化するようであれば、薬の力を借りて排便をすることになります。その際、処方される薬としては以下の種類があります。

 

 

薬による排便は、常用すると「薬を飲まないと排便できない」という可能性が高まります。そのため、引き続き生活習慣の改善が必要となります。また、薬はきちんと医師の指示通りに飲むことが大切です。

 

 

薬で便秘が改善されたから、と病院に通うのをやめてしまいドラッグストアなどで便秘薬を買って飲むようになってしまうと、便自体は排出されても、腸内の環境は改善されないままになってしまいます。

 

 

すると薬の量を増やさないと効果が得られなくなったり、薬をやめると以前よりひどい便秘になったり、と悪循環になってしまいます。

 

 

便秘自体は病気ではありませんが、「病気の元」となる可能性が高いですので、きちんと医師の指示を守って改善するようにしましょう。