その便秘、運動不足が原因かも?便秘と運動の関係とは?

便秘 運動不足

 

人には相談しにくいのだけれど、実は便秘に悩んでいる・・・という方がいらっしゃいます。お通じをスムーズにするサプリメントや薬を飲まれている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

食事や体調管理に気をつけていても、気づくと便秘になっている方。実はその便秘の原因運動不足にあるかもしれません。便秘と運動の関係に迫ります。

 

 

運動不足が原因で便秘になるのはなぜ?

 

運動と便秘が関係すると言われてもピンとくる方は少ないかもしれません。一体、どのような関係があるのでしょうか。

 

 

筋肉が腸の動きをサポートする

 

排便をする時、腸の動きをサポートしてくれているのが、腹筋を初めとする全身の筋肉です。筋肉が弱っていると、腸にかかる力が弱くなり排便の際に便を押し出すことができなくなってしまいます。

 

 

筋肉が弱っている状態で便秘になることを「弛緩性(しかんせい)便秘」と言います。運動不足の人はもちろん、高齢で筋力が弱くなっている方に多く見られます。

 

 

全身の血行が悪くなる

 

運動不足になると腹筋だけでなく全身の筋力が低下します。すると、血行が悪くなってしまいます。そして腸の血流が低下すると、腸が動いて便を押し出す「ぜん動運動」が充分にできなくなってしまいます。

 

 

その状態が続くと、慢性的な便秘になってしまうのです。

 

 

便秘&運動不足解消に効果のある対策は?

 

運動不足を解消する、と考えると何かスポーツでも始めなければならないの?と思われる方もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。毎日、ほんの少しの努力で全身を使った運動ができます。

 

 

どのような方法があるのでしょうか?

 

便秘解消に効果的な運動まとめ
便秘解消に効果テキメンの体操!
便秘に効くストレッチ方法!寝る前や朝におすすめ

 

 

いつもより多く歩く

 

通勤・通学の際や買い物に出かける時、いつもより大きな歩幅でリズミカルに歩いてみましょう。できれば、1駅分ほど歩けるとより効果が得られます。

 

 

また、エスカレーターやエレベーターの利用を階段に変えてみるのも効果的です。太ももを上げることを意識して、姿勢良く昇降してみてください。

 

 

動くことを心がける

 

職場や学校で、つい用事をまとめてしまっていませんか?効率化をはかる上では重要ですが、運動面を考えるとこまめに動いた方が運動になります。「後で」という習慣を「今やる」に変えてみましょう。

 

 

主婦の方などの場合も、普段はあまりしない拭き掃除や手の届きにくい部分の掃除などを行ってみてください。手を伸ばしたり、屈んだりすることで全身の運動になります。

 

 

腹筋を鍛える

 

腸の活動を活発にするためには、特に腹筋を鍛えることが大切になります。とはいえ、急に腹筋運動を始めるのはツライですよね。ですが、ゆるい腹筋運動でも効果は得られます。

 

 

仰向けに寝た状態で、ヒザを90度に曲げて立ててください。両手を前に伸ばし、ヒザの一番高い部分にタッチします。

 

 

背中がほんの少し浮く程度の腹筋運動ですが、繰り返すと意外と効果があるのが分かります。テレビを見ている際、コマーシャルの間だけでもこの腹筋運動を行ってみてください。