便秘の時に食べたいヨーグルト!私のおすすめランキング!

便秘 ヨーグルト

 

毎日スッキリした便通はないけれど、病院に行くほどでもない・・・と思っている方、多いのではないでしょうか。運動や水分補給とともに、便秘に良いと言われているのがヨーグルトです。

 

 

そこで、便秘におすすめのヨーグルトをご紹介します。

 

 

便秘改善のためのヨーグルトの選び方

 

便秘に良いと言われているヨーグルトですが、スーパーに行くと色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまいます。便秘にはどんなヨーグルトを選べば良いのでしょうか。

 

 

・「トクホ」であること

 

トクホとは「特定保健用食品」のことで、科学的に体に良いことが証明された食品には「トクホマーク」がつけられています。このマークがあるということは、体に良い成分が入っているということです。

 

 

・プロバイオティクスが入っていること

 

プロバイオディクスとは、生きたまま腸に届く菌です。せっかくヨーグルトを食べても、腸で効果を発揮できなければ食べる意味がありません。

 

 

・自分に合っていること

 

腸内環境は人によって様々です。自分に合っているものと出会うことが、便秘改善の第一歩です。1つのヨーグルトを一週間ほど続けて食べてみて、便秘が解消されるものが自分に合ったヨーグルトです。

 

 

便秘解消!おすすめのヨーグルト

 

上記のポイントを抑えつつ、便秘解消にオススメのヨーグルトをランキング形式でご紹介します。

 

 

・第1位 明治「ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」

 

2種類(ブルガリア菌・サーモフィラス菌)の乳酸菌で、腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスを整えてくれます。

 

 

・第2位 雪印メグミルク「ナチュレ恵」

 

人の小腸にいるガセリ菌と、大腸にいる善玉菌(ビフィズス菌)で、腸内環境を改善してくれます。

 

 

ガセリ菌SP株は日本人由来のため多くの方に効果を発揮しやすく、生きたまま腸で長く働いてくれることが分かっています。

 

 

・第3位 「ダノンビオ」

 

他のビフィズス菌より生命力が強い「BE80菌」が含まれていて、腸の動きを促進してくれます。

 

 

ヨーグルトと合わせて食べると効果倍増?!

 

ヨーグルトだけでも便秘解消の効果を感じる人が多くいますが、より効果を実感するためには、一緒に摂取したいものがあります。

 

 

それが「オリゴ糖」と「フルーツ」です。腸内で活動する善玉菌をサポートするには、菌のエサとなる食物繊維も必要になります。

 

 

オリゴ糖はビフィズス菌自体を増やす働きがあり、フルーツには食物繊維がたっぷり含まれているので、おすすめです。ブルーベリー・バナナ・キウイはヨーグルトとの相性もバッチリです。