便秘の座薬、効果はどれくらいの時間で?副作用は大丈夫?

便秘 座薬

 

便秘が続くと、体の不調だけでなく気分も落ち込んでしまいますね。嫌な便秘を少しでも早く解決する方法の一つに座薬があります。

 

 

「便秘薬なら飲み薬もあるじゃない」と座薬は避ける方も多いかもしれませんが、胃に負担をかけることがない座薬は効果も早く現れるため意外と便利です。

 

 

便秘解消座薬について、しくみや飲み薬との比較・副作用などに関してまとめました。

 

 

座薬が便秘に効果アリ!なのはどういうしくみ?

 

座薬は肛門から大腸に直接、薬を入れて効果を得る薬です。便秘に効果的な座薬の主成分は「炭酸水素ナトリウム(重曹)」になっています。腸内に挿入された座薬は、少しずつ化学変化を起こし腸内で二酸化炭素を発生させます。

 

 

このガスが腸内にたまることで腸壁を刺激し、便を押し出すための「ぜんどう運動」を活発化させることで便意をもよおすというしくみになっています。そのため、下剤などの服用した時のような腹痛や不快感が起きることが少なくて済みます。

 

 

ここで一つ気をつけておくべきことは、薬局などで市販されている「重曹」自体を腸に入れても、便秘は改善できないということです。座薬と市販されている重曹は別物ですので、気をつけてください。

 

 

座薬vs飲み薬 効果が表れる時間や体への影響は?

 

座薬は腸内に挿入した直後から化学変化が始まるため、早ければ10〜30分くらいで、遅くても1時間以内には便意をもよおします。そのため、特に急ぐ用事のない日であれば便秘が気になった時に使用することができます。

 

 

対して飲み薬は、胃や小腸を通過して大腸に届いてから溶け出すため、効果が出るまでには数時間かかることがあります。寝る前に服用しても翌朝便意が感じられないという方もいるくらいですから、いつ便意が訪れるのか?が分からないことがあります。また、薬を胃に入れるので、胃への負担がゼロというわけにもいきません。

 

 

肝心な便秘解消に対する効果としては、飲み薬の方が強く座薬は緩やかであると言われています。

 

便秘に効く漢方って何?市販のおすすめはツムラの大黄甘草湯

 

 

便秘が解消できる座薬に副作用はないの?

 

座薬は腸に入れるだけなので、大きな副作用はありません。ですが、座薬によって便を出すことを繰り返していると残念なことに、効果が薄れてくるという事象が起きてしまいます。

 

 

これは飲み薬でも同じですが、腸が「自分が動かなくても薬で出せる」と思ってしまうからです。どうしても、という場合は薬に頼って便秘を解消することもいいのですが、根本的に便秘を解消できるように食生活や、生活リズムの改善を怠らないようにするのがポイントです。

 

便秘の時のかんちょうのやり方は?効果や副作用は?